第三十番札所【宝厳寺(竹生島)】

このエントリーをはてなブックマークに追加

第三十番札所 宝厳寺(竹生島)

宝厳寺は、神亀元年(724)聖武天皇の勅願による創行基菩薩の開基であります。豊臣秀吉の遺命により、秀頼が桃山城の一部を寄進したと伝えられる西国三 十番札所観音堂、藤原時代(平安後期)の工風による高雅華麗な大弁才天根本道場などがあって、琵琶湖に浮かぶ島の景趣は “深緑 竹生島の沈影 “として有名 であります。

ご詠歌
宗派:真言宗豊山派
本尊:千手千眼観世音菩薩
開基:行基
創立:神亀元(724)年