第十八番札所【白道山神門寺】

このエントリーをはてなブックマークに追加

第十八番札所 白道山神門寺

国道140号線に面し、車だと交通量が多い上に速度がのってしまうため、通り過ぎてしまいそうな場所にある。 天保年間(1830~1844年)に再建された観音堂の前に立つと、その物静かな佇まいには時代の雰囲気が漂っている。 観音堂正面の虹梁には、元治元年(1864年)玄黄斎の手による御詠歌の扁額が掲げられている。

ご詠歌

宗派:曹洞宗
本尊:聖観世音菩薩