第十三番札所【旗下山慈眼寺】

このエントリーをはてなブックマークに追加

第十三番札所 旗下山慈眼寺

秩父市街の中心部にあり、西武鉄道・西武秩父駅、秩父鉄道・御花畑駅からも近い。 黒塗りの整った薬医門様式の山門が目に入る。本堂は、明治11年(1878年)の秩父大火で焼失したが、明治34年(1901年)に一番札所の本堂を模して再建されたもの。 5月8日の花まつり、7月8日の飴薬師と有名な行事が行われにぎわう。 境内には秩父札所連合会の事務所があり、巡拝者の窓口として活動している。

ご詠歌

宗派:曹洞宗
本尊:聖観世音菩薩