第十一番札所【南石山常楽寺】

このエントリーをはてなブックマークに追加

第十一番札所 南石山常楽寺

札所十番とは山をはさんだ反対側にあり、秩父市街を一望できる位置にある。 かつては、観音堂をはじめ仁王門、庫裡が揃い栄えたというが、明治11年(1878)の秩父大火で焼失した。その後再建されて以来、今の観音堂と庫裡が迎えてくれる。 病気平癒と長寿祈願の守護仏として、ご本尊を信仰する人々の参詣は続いている。納経所では秩父産の「延命茶」をおみやげに販売している。

ご詠歌

宗派:曹洞宗
本尊:十一面観世音菩薩