第二十番札所【法王山岩之上堂】

このエントリーをはてなブックマークに追加

第二十番札所 法王山岩之上堂

秩父橋で荒川を渡り、二十番の標識を見つけるともう近い。樹木に囲まれた小道を下ると観音堂の前にでる。 かつて巡礼は荒川を渡し船で渡り、観音堂前の大覗岩の下にあった奥の院から石段をのぼって観音堂に向かったという。 堂内には宮殿形の厨子があり、観音開きの扉の裏には日天、月天、風神、雷神と共に観音三十三応身の彫刻がほどこされ、貴重な文化財として保護されている。

ご詠歌

宗派:臨済宗南禅寺派
本尊:聖観世音菩薩