第二十八番札所【石龍山橋立堂】

このエントリーをはてなブックマークに追加

第二十八番札所 石龍山橋立堂

浦山口駅から橋立鍾乳洞方向へ約15分、川の流れを聞きながら行くとそそり立った岩壁が目に入る。観音堂はその真下にある。石段を登った正面が本堂で、高さ65mの切り立った岩壁が覆いかぶさったところに三間四面、縁を回した朱塗りのお堂が建っている。江戸中期の建築といわれ、堂内には鎌倉時代の作と伝えられる本尊・馬頭観世音が安置されている。 お堂の横には橋立鍾乳洞があり、昔は胎内くぐりの霊場として巡礼達がくぐったものだが、現在は観光施設として知られている。

ご詠歌

宗派:曹洞宗
本尊:馬頭観世音菩薩