第二十七番札所【竜河山大渕寺】

このエントリーをはてなブックマークに追加

第二十七番札所 竜河山大渕寺

岩井堂から琴平ハイキングコースをたどり、護国観音を経由して札所二十七番へ下っていくと、木立の中に美しい観音堂が見えてくる。 このお堂が札所二十七番の「月影堂」で、かつては山の上にあったが大正8年(1919年)に汽車の煤煙によって火災がおき焼失した。 その後本尊の聖観音像は本堂に仮安置されていたが、平成8年(1996年)本堂裏手の一段高い所に再建された観音堂に戻された。

ご詠歌

宗派:曹洞宗
本尊:聖観世音菩薩