第十八番札所【世音山蓮花院】

このエントリーをはてなブックマークに追加

第十八番札所 世音山 蓮花院

口碑によると建仁元年(1201)6月「新古今集」の代表的歌人として名高い寂蓮法師が東国巡行の際、黒須川を渡り里人とはかり堂閣一宇を創立し、千手観世音を本尊としたと云う。境内に開山寂蓮法師の古碑が現存している。

ご詠歌

宗派:真言宗智山派
本尊:不動明王