第二十番札所【龍岳山龍圓寺】

このエントリーをはてなブックマークに追加

第二十番札所 龍岳山 龍圓寺

建仁の頃この地に草庵を結んだ僧寂蓮が、この千手観世音菩薩像を安置したのに始まるといわれている。観音堂には、千手観世音が安置されており、縁起によれば、10センチほどの金の佛像で小名田谷の井戸から出現したという。小名田谷は、地頭、市川氏が住ん だ屋敷跡で、観世音出現の井戸の近くには稲荷の小祠があったとか。現在は、寺の東側に稲荷と井戸観音を祠り、復旧させた形をとっている。

ご詠歌

宗派:真言宗智山派
本尊:虚空蔵菩薩