第二十六番札所【高麗山聖天院】

このエントリーをはてなブックマークに追加

第二十六番札所 高麗山 聖天院

遠く1250年の昔、高句麗からの渡来人高麗王若光の菩提寺として建立された。若光は、続日本記703年の条に「従五位下高麗若光に王姓を賜う」とあるように朝廷からもその能力を認められ、武蔵国高麗郡の長として祖国の技術をもってこの地の開拓・発展に大いに治績を収めた人物である。

ご詠歌

宗派:真言宗智山派
本尊:不動明王