第三十番札所【楊秀山福徳寺】

このエントリーをはてなブックマークに追加

第三十番札所 楊秀山 福徳寺

建暦2年(1212年)の創立で、開山は、宝山禅師と伝えられている。永く無住であるが檀家一同の深い信仰心に護られて今日に至っている。 御本尊聖観世音菩薩様は、参道正面の本堂に奉安されているものの拝観はできない。本堂より下の位置にある国指定の阿弥陀堂内には、県指定の善光寺様式の一光三尊の阿弥陀三尊像が居られ、重要文化財を護持している寺として有名である。

ご詠歌

宗派:臨済宗建長寺派
本尊:釈迦如来