第三十二番札所【大鱗山天龍寺】

このエントリーをはてなブックマークに追加

第三十二番札所 大鱗山 天龍寺

開創は、延喜11年(911年)に子ノ聖が十一面観音をお祀りし、この地に天龍寺を建てられたことにはじまる。その後、子ノ聖を大権現と崇め、本尊としてお祀りし、現在に至っている。

ご詠歌

宗派:天台宗
本尊:子ノ聖大権現